愛する人と“無敵の2人”でいる方法【性活相談・後編】

⇒【前編】チリ人の夫がAV男優になりたがっています【性活相談】はコチラ

2人の目はどこを見ているべきか



 僕は、向き合っているのがいいと思っています。それも、少しだけ距離を置いて。なぜかと言うと、相手のことを見つめられるだけでなく、相手からは見えない相手の周りのことも見れるからです。

 もし近い距離で見つめ合っていたら、視野が狭くなり、相手のことしか見えません。それでは時間と共に移りゆく周りの風景に気付けず、取り囲む環境の変化から取り残されてしまいます。相手に襲いかかるトラブルに気づいてあげるのも遅れます。

 2人がほんの少しの距離をとって向き合っていれば、その2人は無敵です。気持ちが通じた2人なら、合わせて360度カバーでき、しかも、見つめ合えています。見つめ合うことで、相手の瞳に映る自分も見れます。自分自身のことを教えてくれるのは、近くにいる相手だけです。

 旦那さんの夢を応援しつつ、旦那さんが周りを見失わないよう目を配ってあげてください。欲望と生活のバランスが取れたら最高です。どうぞいつまでもお幸せに!

 追伸、今回のご相談を受けて、あまり馴染みのなかったチリという国について調べたところ、国の標語が<理性によって、または力によって>なんだそうです。お国柄がセックスにどう影響を及ぼすのか興味が湧いてきました。いつの日か、旦那さんと3Pの仕事でご一緒できるのを楽しみにしてます。もちろんその時の女優さんは奥様、あなたです

 あれ!? そうゆう相談じゃなかったでしたっけ?

森林原人さん

森林原人さん

<TEXT/森林原人>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【性活相談者を募集!】
森林原人さんに悩みを相談したい方は、メールの件名の冒頭に【性活相談】を入れ、以下のアドレスまでお送りください。
jspa.q@fusosha.co.jp
※お送りいただいた相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。また、いただいたメールはすべて森林さんがチェックしていますが、すべての相談を取り上げることは難しい旨、ご了承ください。

【森林原人/モリバヤシ ゲンジン プロフィール】
35歳。AV男優歴16年。日本人の生涯セックス回数は、年平均46回×60年=2760回で、この4倍近くセックスしていて、セックス経験だけで言えば3回生まれ変わって只今4回目の老後を満喫中。
★Twitter始めました(@AVmoribayashi

森林原人
1979年生まれ。1999年にAV男優デビュー。出演本数1万本。経験人数9千人。セックスの虜になり道を踏み外したと思われているが、本人は生きる道を見つけられたとむしろ感謝している。著書に「イケるSEX」(扶桑社)他。性と向き合い、性を知り、性を楽しむためのサイト「リビドーリブ」とオンラインサロン「森林公園」を運営。 ★Twitter(@AVmoribayashi
イケるSEX

女子SPA!の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」がいよいよ書籍化!
経験人数10,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。「イク感覚がわからない」「彼がゴムを付けてくれない」「“30代処女”は重い?」etc.
Q&A31本とコラム4本を収録。




あなたにおすすめ