Lifestyle

「サイアク35までに結婚」じゃ遅い!婚活市場の怖ーい現実

27歳までに出会えば、“最高スペックの男”と結婚できる

 こうやって伝えると、婚活において女性が圧倒的に不利なルールを強いられているように感じるかもしれませんが、逆転の発想をするとこう考えることもできます。  女性は若いうちは本来のポテンシャル以上に評価が高くなる、と。  ですから、アラサー以上で現在も婚活中という女性にとっては、とても言いにくいことではありますが、婚活は若いうちから早めにスタートして、早期決着を目指してゴールインする方が、自分のポテンシャルで狙える“最高の男”と結婚できる確率は断然高いんです。  僕がもし25歳の女性だったとして、今から婚活を始めようとするならば、おそらく自分の中で2年間を期限として精力的に活動するでしょうね。
婚活は2年が勝負

イラスト:堺屋大地

 言わずもがな、20代女性と30代女性の市場価値には大きな開きがあるため、28、29歳までには結婚しておきたい。さらに1年間ぐらいの交際期間を経てから結婚したいと考えれば、27歳ぐらいには結婚相手と出会っている必要がある。  自分という“銘柄”で最大限ステータスの高い男と結婚しようと考えるならば、25歳の時点で猶予は2、3年しか残されてないわけです。

30すぎたら“スペック不問”の覚悟で

 もちろん最終的に結婚相手のランクをかなり下げる覚悟があるなら、じっくり10年計画でもいいんです。そのランクにしても、年収や外見といった表層的なものなので、あなたがそういったところを重視するタイプでなければ、10年、20年費やしたっていいと思います。ここで言う“最高の男”は、あくまで世間的なステータスにおける話です。  もちろん、“あなただけの最高の男”を求めるなら、何歳になっても出会えるかもしれません。じっくり構えるなら、“スペック不問”の覚悟で臨むべきです。 <TEXT/堺屋大地> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
堺屋大地
恋愛コラムニスト。中高時代はスクールカースト的に4軍男子(非モテ)。現在は痛いほど、どチャラい。そんな4軍マインドとどチャラい経験則を融合させ、真摯に恋愛を分析。他、『INLIFE』『Business Journal』『AOL News.』などで活躍。Twitter(@SakaiyaDaichi)。
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ