Lifestyle

ベッドの隣に社長が寝てた!セクハラ以前のグダグダすぎる会社

 セクハラが社会問題になっている昨今。ですが、「セクハラどころか、給料もちゃんと払わない社長と裁判沙汰になりそうなんです」と言うのは、横川久美さん(仮名・32歳)です。

ハラスメント

画像はイメージです(以下同じ)

 その、セクハラ以前のグダグダな実情とは…?

田村正和っぽい、イケメン社長



 転職先を探していた横川さんが、知人の紹介で、小さな商社に入ったのは昨年のこと。採用担当は田村正和っぽい、イケメン社長・58歳でした。

「入社して間もないある日、支社長から『小さな会社だけど、関西支社を出すことになった。貿易事務業務メインだから、キミに支店長になってほしい』と抜擢されて、有頂天になってしまいました」

 ただ、東京のマンションを引き払って、関西支社のある大阪に引っ越すとなると、かなりの費用がかかります。貯金を切り崩すのも抵抗があった横川さんは「一晩考えさせてください」と頼んだそうです。

 すると社長は横川さんの不安を見抜いたのか「社宅があるから住居費はかからないよ。支社は君一人だから、タイムカードもないし、コアタイムに業務をやってくれれば、自由にしてかまわない」と好条件を提示してくれたそうです。横川さんは条件を飲み、新天地を求めて大阪に引っ越しました。

自宅兼事務所に、いきなり社長が



「ところが関西支社とは名ばかりで、借り上げ社宅兼事務所だったんです。大阪市内の1LDKマンションです。がっくりしたけど、気を取り直して、仕事に励むことにしました。しばらくして、社長が合鍵を持って、いきなり部屋に押しかけてきたんです!」

真夜中の訪問者 ノックもしないで合鍵で突然やってくる社長に、横川さんは抵抗しました。でも、開き直った社長は「社長が支社を視察に来るのは当然でしょ。それとも彼氏でも連れ込んでいるんですか」と言いながら、部屋をくまなくチェックしたそう。

 そこで横川さんは「勤務時間中は仕事以外のことをしません。その代わりプライベートな時間帯に合鍵で入らないでください!」と申し入れました。「月曜〜金曜の朝9時〜18時と仕事時間を決めて、残業の時は報告。それ以外は、プライベートな住宅空間である」と書面にして、社長に突きつけました。

次のページ 
セクハラ社長と裁判沙汰になりそう

1
2




あなたにおすすめ