Lifestyle

ギャルだった同級生が、バリキャリに変貌。同窓会で営業をかけられて…

「男子三日会わざれば刮目(かつもく)して見よ」なんて言葉があります。努力する人間は3日も経てば見違えるほど成長しているもの……という意味ですが、これは“男子”のみならず女性でも同じこと。

ギャル

写真はイメージです(以下同じ)

 同窓会で久しぶりに会った友人の変わりっぷりに驚き、感動することも少なくありません。そんな経験について語ってくれたのが、教育関係の会社に勤めるヨウコさん(仮名・34歳)です。

メイクの濃いギャルだった同級生が、“デキる女”になっていた


「高校の同級生だったアカリの話なんですが、彼女はイマドキの女子高生らしく毎日ばっちりメイクを決めた、ギャル風の女の子でした。進学校だったということもあり、クラスの中ではかなり目立った存在で……」

 化粧っ気のない“真面目ちゃん”の多かった高校で、アカリさんのようなギャルタイプは珍しかったといいます。ところが、同窓会で約10年ぶりに再会したアカリさんは、高校時代のイメージとは全く違った女性になっていたそうです。

「久しぶりに話してビックリしました。高校を卒業してから私立大学の文系学部に進んでいたアカリは、何度か転職した後、超有名広告代理店の関連会社で働くバリバリのセールスウーマンになっていたんです!

ギャルがバリキャリに しかもかなり“デキる女”のようで、業界の裏話や「働き方改革で午後10時に帰らなきゃいけなくなったんだけど、それでも仕事が終わらなくて大変なんだ~」という話をすごく楽しそうにしてくれたそう。

 キャピキャピギャルだったアカリさんが、ヒールのかかとを高らかに鳴らしつつ街を闊歩するようなキャリアウーマンに……。「確かに昔からコミュニケーション力は高かったけれど、あまりにもかつての姿とかけ離れていて驚いちゃいました」と話すヨウコさん。

「しかも同窓会の後、『相談があるんだけど』とアカリから呼び止められたんです」

「あなたの会社の顧問として雇ってほしい」と打診


「何かと思ったら、『実は結婚を機にマンションを購入したから、いっぱいお金を稼ぎたいんだ』と話を切り出されました。そのために、今の勤務先だけでなく他のところでも働きたいんだと」

キャリア女性 結婚をきっかけに、パートナーとともに家を買うという大きな決断をすることは多々あります。とはいえ、アカリさんが結婚していたことすら寝耳に水のヨウコさんにとって、続くアカリさんの一言は驚くべきものでした。

「『これまでの仕事の経験を活かして経営のアドバイスをするから、あなたの勤めてる会社の顧問として雇ってくれない?』と売り込まれたんです。アカリはそっち方面の知識もあるようで、彼女の巧みな話術で課題解決についての話をされると、もうグイグイ引き込まれちゃって……」

次のページ 
バリキャリ流「結婚の極意」とは?

1
2




あなたにおすすめ