Lifestyle
Love

「妻も不倫相手も大好き」“女好き”な男の暗い過去|不倫男の胸のうち

恋する「不倫男」の胸のうち――Vol.7>

 複数の女性を同時に愛し、妻とも不倫相手たちとも「うまくやっている」という不思議な男性。彼の行動に隠された、意外な心理とは。不倫事情を長年取材し著書多数のライター・亀山早苗さんが、恋する男性の胸のうちをレポートします。(以下、亀山さんの寄稿)

不倫男性

写真はイメージです(以下同じ)

女性が愛おしくてたまらない


「好きな人がいるってうれしいことですよね」

 やけに明るいヨシオさん(42歳)に出会った。彼は29歳のときに結婚、ふたりの子がいるが、「ほぼ常に」恋をしていると言う。

「惚れっぽいんですよね。好きだとなったら行動に移さずにはいられない。でも最初から結婚しているし離婚はしないと言うんです。それでもよかったらつきあって、と」

 恋をしているときは目の前の人しか見ない。一時期は、家庭外に好きな女性が4人もいた。それでも誰からも恨まれず、誰からも文句を言われたこともないそうだ。

僕は妻のことも大好きなんですよ。だから家庭がいちばん。週末は家族で遊ぶのが楽しくてたまらない。でも平日は他の女性と会うのが楽しい。楽しいから仕事にも身が入る

愛する妻 支障があるので業種は言えないが、彼はとある事務所を経営している。密会は平日昼間、もしくは夕方以降。本人いわく、人一倍仕事をしているが、人一倍恋もしているそうだ。

「女性って、それぞれに魅力があると思うんですよ。ネガティブなことばかり言ってる女性を見れば、なんとか明るい気持ちをもってほしいと思うし、明るい女性とはもっと楽しい時間を過ごしたいと思うし……。男女の関係を持つことにしてもそう。楽しい“行為”を知ってほしい、テクニックはともかく、僕は女性と接するときは命がけですから

 どこまでが本当なのかよくわからないが妙な説得力がある。この「軽さ」がヨシオさんのいいところなのかもしれない。

「不倫って女性にとってはやはり罪悪感がともなうと思うんですが、それを感じさせてはいけない。自分が楽しく生きること、快楽を求めることは悪いことではないと思ってもらいたいんです

 とにかく楽しく生きることが身上なもんで、とヨシオさんは肩をすくめる。

決して幸せな子ども時代ではなかったから


 女性が大好き、恋は最高と軽く言うヨシオさんだが、彼の人生は決して幸せなものではなかったそうだ。

母に対する父親のDVがひどくて、いつも部屋の隅でおびえていました。小学校に入るころには母に『どこかに逃げよう』と言ったくらい。ただ、どういうわけか母は逃げようとしなかった。
 でも父親のDVが激化し、あるとき殴る蹴るが止まらなくなって、近所の人が警察に通報したんです。顔は腫れ上がり、あちこち骨折していたので父は警察に連れていかれ、周りの人の助言もあったのか、やっと離婚できました。僕が10歳のころでした。

DV それからは母が必死に働いて育ててくれたんです。いつか親孝行をしたいと思っていたのに、無理がたたったんでしょうか、母は僕が大学を卒業してすぐ他界。これからだったのに

 一瞬、ヨシオさんの顔が歪んだ。涙をこらえているようにも見える。だが次の瞬間、彼はまたすぐ笑顔になった。

母親への思いが強いからかな、女性が大好きなのは

 自分と関わる女性には幸せになってほしい。その思いが、女性たちとのつきあいへと彼を走らせているのだろうか。

次のページ 
10歳の息子を見ると、傷ついた母を思い出す

1
2




あなたにおすすめ