Lifestyle

人の食事に説教…会社の“ダイエット押し付けおばさん”がウザすぎる

「実際にダイエット部に入れられたメンバーは開き直って、『私、もうデブでいいでーす!』と言ってフェードアウトするか、Nさんと会わないようにこそこそ仕事をしていました」 職場のストレス 優衣さんもそうするわけにはいかなかったのでしょうか。 「私は、仕事上でNさんとがっつり同じプロジェクトに入っていたので、ダイエット部からは逃れられませんでしたね。それがストレスで、痩せるどころか太っていったんです。『〇〇さんは最近太った・痩せた』とか他人の体重話を聞かされるのも本当に嫌で、異動すら考えるようになりました。  運良く、4月のタイミングで異動ができてNさんとは離れました。そこからはストレスもなくなり、痩せました」  ダイエット部から逃れて痩せる。なんとも皮肉な話です。 「劇的に痩せたことで強烈な成功体験を植え付けられたNさんにとって『痩せた・太った』は人生の超・重要事項になり、それで他人に口を出すほどまでになっていったんだと思います。ダイエットって怖いですよね」  優衣さんは切なそうに語ります。「そもそも、女性みんなが痩せたいと思っているわけではないですからね。本当に迷惑でした」  まさにダイエットが招いた迷走とも言えるかもしれません。 ―シリーズ ダイエット“悲喜こもごも”体験談 vol.17― <文/瀧戸詠未 イラスト/ただりえこ>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ