Beauty

有村藍里の400万円整形は大工事なの?高須克弥院長に聞く

整形ユーチューバー、整形アイドルも登場

――最近、有村さん同様、整形をカミングアウト…どころか、売りにする人も増えていますね。たとえば、整形ユーチューバーの「轟ちゃん」。あちこち直して、ダウンタイムの腫れた顔まで動画にアップしてます。  轟ちゃんがやったのは、鼻にプロテーゼ挿入、頬・顎下の脂肪吸引、エラボトックス、上唇の縮小、目の部分切開、埋没法、歯列矯正etc.だそうです。 高須「骨切りしないでも輪郭が変わるという例だね。どれも古典的な施術です。新しいのはボトックスぐらいだね。  鼻を高くするには、鼻の内側からシリコンプロテーゼを入れる方法とヒアルロン酸注射とがあるけど、僕はプロテーゼってあんまり好きじゃないの。おばあちゃんになって、顔が痩せて鼻先が薄くなっても、プロテーゼはそのままだから、見てわかるようになっちゃう。  入れて30年ぐらいは大丈夫だけど、今は寿命が延びて80過ぎまで生きる人がいるからね」 ――あと“整形アイドル”の明治さんも、総額700万円という整形を売りにテレビなどに出ています。昔ほど整形にネガティブなイメージがなくなったのか…。 「せっかくなら生まれつきの美人と思われたい、整形とわかると『養殖の魚』と同じで商品価値が下がっちゃう…というのが、昔は一般的だったよね。でも、言う人が増えればみんな言うんだよ、がんのカミングアウトと一緒でさ(笑)」 =======================  養殖の魚だって美味しいものは美味しい、と価値観が変わってきたのでしょうか。いずれにせよ、「本人がハッピーになればそれでいい」ですよね! <文/女子SPA!編集部>
高須克弥
【プロフィール】 1945年生まれ、医学博士。高須クリニック院長で美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。近著は『ダーリンは71歳 高須帝国より愛をこめて』、『炎上上等』、続編で最新刊の『大炎上』など
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ