Lifestyle

ギャルサー時代の先輩と息子の小学校で再会。彼女の激変した姿とは?

 今はちゃんとした社会人や母親だからといって、子供のころから真面目な優等生だったとは限りません。  現在、お子さんの通う小学校でPTAの役員を務める山崎みさきさん(仮名・35歳/販売員)も中高生のころは、典型的なギャル。しかも、ギャルサーのメンバーだったそうで、毎日夜遅くまで遊び回っていたといいます。
「ギャルサー」バップ

「ギャルサー」バップ

息子の小学校のPTA会合で再開したギャルサーの先輩にビックリ!

「東京のギャルにすごく憧れていて、放課後になったら家に帰らず、当時住んでいた地元の地方都市の繁華街に繰り出して、ギャルサーの友達や先輩とカラオケに行ったり、ファストフードでおしゃべりしていました。  全然たいしたことはしてなかったですけど、それでもすごく楽しかったです」  ギャルサーといってもメンバーはみさきさんを含めて20人程度。そのうち、付き合いが続いていたのは2人だけで、それ以外のメンバーとは音信不通になってしまったそうです。 「私たちの代が抜けた後、1年ほどで自然消滅しちゃったんです。もともとギャルサーといっても勝手に名乗っていただけでしたから。  いろんな学校から集まっていて、そこでしか付き合いがなかったので、多くのコとはそれっきりになっちゃった。ところが、息子の小学校のPTAの会合でギャルサーの1コ年上の先輩と偶然再会したんです」

ギャルサーの先輩は小学校の先生になっていた

 それも同じ保護者としてではなく、なんと小学校の先生。学校側のPTA担当者として会議に出席していました。 「お互い年は取りましたが、先輩は昔とほとんど変わっていませんでした。向こうも私のことを気づいてくれたみたいで、会議中は何度もこっちをチラ見していました」 ギャルサー時代の先輩が そして、会合が終わると小走りで近づいてきた先輩は、「みさきー!!」と叫びながら抱きついてきたとか。 「地元と同じ県ではあるんですけど、県内でも別の町だったし、そこの小学校で再会するなんてすごいですよね。なにより先輩が小学校の先生になっていたのが一番の驚きでした」  実は、先輩は受験勉強に専念するため、高校2年の途中でギャルサーを脱退。たまに顔を出すことはあったそうだが、大学入学後は会う機会もなかったそうです。 「私が20歳のとき、地元で偶然会ったのが最後でした。そこで小学校の先生を目指していることは聞いていたんですけど、それを実際叶えるんだからスゴいですよね。  先輩は進学校に通っていて、おバカ高校でもさらに成績下位グループの私のために試験前に勉強を教えてくれたこともあったんですけど、それがとても分かりやすかった。きっと先生が天職だったんでしょうね」
次のページ 
先輩のおかげで息子のいじめも早期解決!
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ