Lifestyle

結婚式に口出しする姑にウンザリ。新婦がした趣味全開の抵抗とは?

 結婚式には、そのムードにぴったりのBGMが付きもの。定番のウェディングソングから、最新のラブソングまで、永遠に誓う夫婦の愛や家族愛を感じさせるものがほとんどではないかと思います。  しかし、選曲ひとつでその結婚式自体の空気が変わってしまうこともしばしば。今回は謎のBGMが流れた披露宴への列席経験を持つS美さん(34歳)にお話を伺いました。

結婚式の準備を仕切る姑にウンザリ

「高校時代の友人であるM子の結婚式での話です。M子は若い時からアニメ好きで、わりと我の強いタイプ。一度これと決めたら絶対に曲げないような女の子でした。しかし結婚式では新郎の母親が何かにつけて口を出してくる上に押し付けが強く、さしものM子も閉口していたようです」
結婚式の話し合いで姑と険悪になる女性

写真はイメージです(以下同)

 ウエディングドレスや着物、席順や料理、装飾用の花に至るまで、義母のチェックが入り、気に入らなければグチグチ言って変更するまでごねられる……だんだん苛立ってきたM子さんは、義母と何も庇ってくれない新郎に「披露宴のBGMだけ決めさせてくれるなら、後は何も申しません」と音楽に関してだけ、頑なに意思を貫いたそうです。 「お姑さんは音楽には無頓着だったようで、あっさりその主張は通ったそうです。母と嫁に挟まれてオロオロしていた新郎もホッとしたみたいですね。式の少し前にM子とお茶した時に『音楽にはめちゃくちゃこだわったから!』とニヤニヤしていた時にちょっとイヤな予感がしていたんですが……」

会場で流れるオルゴールのBGM、耳を澄ますと…

 そして結婚式当日。つつがなく挙式が終わると、そのまま披露宴会場へと案内されたS美さん。自分の席に着席して一息ついた時に、流れてきたオルゴール調の音楽にふと違和感を覚えたそうです。 オルゴール調のアニメBGMが流れる会場「なんか、聞いたことあるぞ、聞いたことあるぞ……と考えてたらわかりました。それがSF・ロボットアニメ『マクロスF(フロンティア)』の「ライオン」という曲だってことに……。よくM子がカラオケで歌ってる曲だったんですよ。ああ、彼女は自分の好きなアニソンでBGMを統一したんだなってその時に気づきました。そのまま、待ち時間はオルゴール風にアレンジされたアニソンが幾つか流れていました」  しかしながら、親族たちがその曲を知っているわけもなく。BGMは特に気にもされていない様子。果たして、これだけで終わるのか? と一抹の不安を覚えたS美さん。その予感は新郎新婦の入場で的中しました。
次のページ 
姑へのBGM逆襲が始まる
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ