Fashion

70年代“フランスのお嬢様”ファッションが秋から復活。ポイントは?

 ぜひともそろえたいのはブレザー、プリーツスカート、首元がフリルになっているか、ボウタイになっているブラウス、そしてロングブーツです。
ブルジョワ

首元がボウタイかフリルになっているブラウスもぜひそろえたい
(※画像:WEARより)

 これらのアイテムに、もう少しそろえられそうな場合は、柄物のスカーフ、サングラス、ゴールドの金具のベルトなどの小物を新しく買い足すといいでしょう。

小物はクオリティにこだわって

ブルジョワ

いいものを買って大事に使い続ける。小物はクオリティにこだわって
(※画像:WEARより)

 ここで気を付けたいのは、買い足す小物のクオリティです。  良家の子女はいいものを長く使います。決して今シーズンだけ使って捨てる、などということはしません。高価でも、いいものを買って大事に使い続ける。それが本当の良家の子女です。  ですから、小物選びは慎重に、何年たっても使えるような、長く愛せるものを選びましょう。
ブルジョワ

すべてを全く同じスタイルにしなくとも、自分が一生愛し続けられるものをワードローブに付け足して
(※画像:WEARより)

 このブルジョワ子女スタイルは20代から、それこそ60代近くまで、幅広い年齢層がしてもおかしくないスタイルです。  クオリティの高い本物を長く愛し続けることがブルジョワ子女にとっては最も大切。それは年齢を重ねても変わりません。  すべてを全く同じスタイルにしなくとも、何かしら自分が一生愛し続けられるものを自分のワードローブに付け足しましょう。長く愛せるものを身に着けることが今最もファッショナブルであり、これから先ずっと続く流れであることは間違いないでしょう。 <文/小林直子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
小林直子
ファッション・ブロガー。大手ブランドのパターンナー、大手アパレルの企画室を経て独立。現在、ファッション・レッスンなどの開催や、ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』などで活躍中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』は発売即重版に
1
2
Cxense Recommend widget
【小林直子さんへのファッション相談募集!】
ファッション・ブロガーの小林直子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらのお問い合わせフォームまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【小林直子さん相談】を入れ、お送りください。コーディネートのことやワードローブの組み立て方、ファッションに関わるライフスタイルについてなど、ファッションに関することであれば何でも結構です。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ