Lifestyle

高校時代“陰キャ”扱いされたコンプレックス。乗り越えたきっかけは…

 最近、やたらと耳にする「陰キャ」という言葉。「陰気なキャラ」という意味で、学校では内向的だったりクラスカースト下位の生徒たちがそう揶揄されたりするようです。
スクールカースト、陰キャ陽キャ、学校、高校、中学

写真はイメージです(以下同じ)

 なかには“自分も昔は陰キャだった”という人もいるでしょう。そのせいで、学校時代は忘れ去りたい黒歴史だと思っている人も。

クラスカースト最下層の陰キャ

「高校時代のほとんどは、私にとってはひたすら苦痛の時間でした。正直、思い出したくもないんです」  そう話すのは、オフィス機器メーカーに勤務する相田恵美子さん(仮名・28歳)。子供のころから大人しい性格だったこともありましたが、高校は地元からは少し離れており、同じ中学から進学した同級生はいなかったとか。おかげで高校では話し相手もなかなかできず、クラス内で孤立していったといいます。 「それでもまだボッチでいるだけならよかったんです。けど、クラスカースト上位の女子グループに目をつけられてしまい、私のことをバカにするようにイジッてくるようになり、それが本当に辛かったです」 女子高校生 悩み苦悩 孤立孤独 とはいえ、執拗な嫌がらせや明らかなイジメというほどではありませんでした。そのため、なんとか高校に通い続けることはできましたが、3年間同じクラスだったこともあり、卒業するまでそのポジションから抜け出すことはできなかったそうです。 「特に修学旅行は同じ班になってくれる人がいなくて押し付けあう形になって、あれはさすがに惨(みじ)めな気分になりました。  ただ、クラスにはもう1人陰キャ扱いされていた子がいて、彼女も私と同じアニメが好きで1年生の後半くらいから話すようになって、それで助かった部分はあります。その子がいなかったら本当に1人だったし、学校を辞めていたと思います」  多感な時期に多数から“イジり”をされるのは、本当につらいことですよね。その女子グループの子達は、悪気がなかったのかもしれませんが、想像力がなく「陰キャ」扱いすることで恵美子さんを追い詰めたことは間違いありません。

高校時代の話を振られるのが苦痛

 そんな調子だったので卒業後も連絡を取り合うような同級生は皆無。よく話していたクラスメイトとも卒業してしばらくはメールを交換していたものの、次第に疎遠となり、気づいたら連絡が取れない状態になっていました。 「何度か高校の同窓会の案内が実家に届きましたが、毎回欠席に○をつけて出しています。昔と違って今なら普通にみんなと話もできるでしょうけど、華を咲かせる思い出なんてありませんしね」  現在では、「社交的とまではいかなくても人並みにコミュニケーションは取れていると思います」と恵美子さん。同僚や社会人になってからの友人たちと食事やお酒に行くことも多く、高校時代の話題に及ぶこともありましたが、それが苦痛で仕方なかったそうです。 「そういうときは心の中で早く別の話題に移ってと思っています。ですが周りは私が高校時代に陰キャだったことを知りませんし、『恵美子はどうだったの?』みたいな感じで私に話を振ってくる。当たり障りない程度の作り話をしてその場をやり過ごしていましたが、毎回そんな風にウソをつかなきゃいけないのはキツくて」 青春コンプレックスを抱く元陰キャ
次のページ 
夫は自分のコンプレックスに気がついてくれた
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ