Love

「私としましょうよ~!」逆ナンにハマる女性の“狩り”がスゴかった

「私としましょうよ!」ストレートすぎるSさんの逆ナン

 三軒茶屋駅から徒歩数分。焼き鳥が美味しいと評判の居酒屋は、テーブルもカウンターも満席だった。 Sさん Sさんが、店内に1つしかないトイレの順番を待っていると、中から無精髭の男性が出てきた。背が高くがっしりした体格で、黄色いTシャツがよく似合う。  その男性の顔を見て、Sさんが「あっ」と小さく声をあげた。 「お兄さん、かっこいいですね~。私としましょうよ!」  無精髭の男は、思わず「ええっ!?」と素っ頓狂な声をあげて、笑い出した。 男性「え、なになに、酔ってんの? 大丈夫?」 Sさん「酔ってますけど、お兄さんが私のタイプだってことはわかりますよ! よかったら、ほんとにホテル行きましょうよ!」 男性「いやいや、今、会社の人たちと来てるから……」 Sさん「私、どうせ朝まで飲むんで、もしどこか泊まりたくなったら一緒に行きましょうよ~」  そう言って、自分の電話番号を書いた小さな紙を渡す。Sさんは連絡先の交換にまごつかないよう、常に連絡先を書いた紙を数枚持ち歩いているのだ。 連絡先の紙を手に持つSさん その店で飲んでいると、1時間後、知らない番号からメールの着信があった。 <さっきは、どうも。まだ飲んでます?>  スマホの画面から顔を上げ、ニヤリと微笑むSさん。 「ごめん、私予定入ったんで、もう出るね!」  一緒に飲んでいた友人たちは、「やってこい!」と笑って送り出した。Sさんは店を飛び出し、駅前の狭い歩道を勢いよく駆け抜けていった。
次のページ 
Sさん流・逆ナンの極意
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ