News

「白血病の池江選手を利用するな!」全身がんの高須院長の見方

 2月12日、血液のがん・白血病であることを告白した競泳女子の池江璃花子選手(18)。衝撃のあまり、テレビからネットまで、池江選手へのメッセージで溢れかえっています。

池江璃花子

池江璃花子選手(所属する株式会社ルネサンスのリリースより)

 ですが、がんの人にどんな言葉をかけていいかは、センシティブな問題。

 そこで、昨年9月、全身がんだと公表した高須クリニックの高須克弥院長に、見解を聞いてみました。ちなみに、高須院長は美容整形外科医でありつつ、総合病院の高須病院(愛知県)では、がんを含むあらゆる病気の人と接する立場です。教えて、かっちゃん!

「野党って楽でいいなぁ」


――今回の件で、一番騒動になったのは、桜田義孝・五輪相の発言ですよね。

 記者団に答えて、「金メダル候補で、日本が本当に期待している選手なので、がっかりしている。(中略)1人リードする選手がいると、みんなつられて全体が盛り上がるので、その盛り上がりが若干、下火にならないか心配している」と語ったという。

 これが「メダルを取る駒か」「人として最低」と猛批判にあったわけですが、やりとりの全文を読むと、最初に「治療に専念して元気になってほしい」と言い、「治療に専念を」と繰り返していて、ずいぶん印象が違います。

高須「『がっかり』と『盛り上がりが下火になる』のあたりが切り取られて報道されて、一人歩きしちゃったわけでしょ。全文が公表されたあと、ホリエモンが『マスコミはクソ』ってツイートしてたよね」

桜田義孝大臣の公式サイト

桜田義孝大臣の公式サイト

――さらに野党が衆院予算委員会などで、「桜田大臣は辞任しろ」「人に寄り添えない安倍政権そのもの」と攻撃した。野党を、「池江さんを政争の道具にしてる」と批判する人もいます。

高須「ホント、野党って楽でいいなぁ。誰かの失言を待ってて、失言したら『辞めろ』『安倍政権が悪い』って責め立てるだけでしょ。もうビジネスモデルが決まってるんだもん。

 桜田さんは正直な人なんじゃない? オリンピック担当大臣として『あ~残念だなぁ…』というのを口にしちゃった。本人を気遣うコメントだけにしておけばよかったのに。日本人はそういうほうが好きだから」

――最初、桜田大臣が「治療に専念を」と言ったあと、記者団に「競泳の中では…」と振られて、「そう、金メダル候補だから残念」と言っちゃったんですよね。

高須「そこで話を切ればよかったのに、オリンピック担当大臣らしいこと言わなきゃと思ったんだろうね。麻生さんなら、『なんでそんなこと言わなきゃいけないんだよ』って打ち切っちゃうよ」

次のページ 
全身がんの高須院長に来た最凶コメントとは

1
2




あなたにおすすめ